偶然の笑い

この前、大阪のお笑いが大好きな知り合いとメール交換しました。

真面目な話をしているのに、説明不足で意図が通じなかったから、相手と私は全く違うものを想像したままメール交換をしていました。
間違いに気付いたのは、メールを3回ほど交換してから。
相手の説明不足だったので、本当のことに気付いた時には、思わず大爆笑してしまいました。
やっぱり、偶然に生まれた笑いって面白いですね。

お笑い番組は作った笑いなので、起き上がれなくなるほどの大爆笑というのは滅多にありません。
偶然の笑いの力ってすごいなぁ、と思いました。
posted by 雑学博士 at 12:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。